読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

雄作独白⑥「【NG】前髪やすその髪、自分で切らないで!!」

カット 青木 雄作独白

毛先が傷んでるから切ってキレイにしよう 

f:id:yagikatsuji:20170316093015j:plain

「毛先が傷んでるから、切って綺麗しにしよう」

皆さんそう思うものです。

でも切るという行為をすれば、切り口が出来るということを忘れないでください。

髪の毛を真っ二つに切って、髪の毛の健康状態が無事であるはずがないのです。

髪の毛の中には沢山の栄養分や細胞が有ります。普段の状態ですと表面のキューティクルが守ってくれているのですが、切ってしまうと切り口は中が剥き出し状態になるのです。

「 切ったのに数日で髪の毛が傷む。私って枝毛症なの?」

この経験もある人が多いのではないでしょうか?

実は、美容師のハサミの切れ味もダメージと大きな関係が有るのです。切り口がキレイでないと、切ったその瞬間から毛先が白くなり、枝毛の原因になってしまうのです。

前髪やすそを文房具ハサミで自分で切るなんて、もってのほかです。

もちろんぼくは鋏のメンテナンスは欠かしませんし、それは一番大切だと思っています。

ヘアデザインする時にお客様の髪の毛をカットで痛めては、意味が無いからです。

 

切った後の髪は一体どうなっている?

 

 

f:id:aokiyusaju:20170208070724j:image

切れない包丁でトマトを切ったら、形は崩れて中の水分が出て来ますよね。

逆に切れ味に良い包丁なら形は綺麗で水分も保たれたままです。

髪の毛にも同じこと言えるのです。この状態を作らなければなりません。

 

f:id:aokiyusaju:20170208103956j:image

カットされた毛先の画像です、スパッとキレイに切られています。

f:id:aokiyusaju:20170208104053j:image

もっと拡大した画像です。

切れ味のいい美容師のハサミで切っても、切り口に多少のズレがあることが分かります。

 

このままにしてしまうと、この毛先から栄養分が流れ出てしまいます。

キューティクルも逆剥けのようなり、枝毛になります。

そのまま放置が毛先が傷む原因の一番危ない状態なんです。

 

カット後の処理はトリートメント

切り口の保護してくれるアイテムはトリートメントです。表面に膜を張り、キューティクルや切り口を剥き出しの毛先を守ってくれます。洗い流さないトリートメントも効果が大きいです。

 

傷口には蓋(ふた)をする。カットでも同じことがいえるのです。

 

文章・青木雄作