読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

2016前半の「りぐれたね?」写真たち・冬篇

リグレッタの日々 八木 千夏

今年前半の「りぐれたね?」写真たち

今年もあっという間に後半に入りました。
夏真っ盛りですが、2016スタートから輪抜け様(6月30日)までの「りぐれたね?」写真を総集編で振り替えつてみたいと思います。

※「りぐれたね?」写真とは・・・リグレッタの社長八木が、基本リグレッタ店内で、基本髪をりぐって下さったお客様と、基本「りぐれたね?」ポーズを取りながら、基本自撮りした写真のことを指します。
例外も多々ありますこと、事前にお詫び申し上げます。

まだ冬な頃・・・

f:id:yagikatsuji:20160709174303j:plain

わぉ。

まだ社員になる前にバイトに来ていて、美容学校の卒業式に出る田所さんが支度をし、今から会場へ送り届ける前に記念に撮った一枚です。

田所さんは国際デザインビューティカレッジの総代を務め、立派にやり遂げたと聞いております。

f:id:yagikatsuji:20160709210115j:plain

僕の知る限り、facebook内に個人の応援クラブのある人って、有名人や歌手でもないのに彼女を置いて他に居ません。「ちせファン倶楽部♪ココフーズ応援隊」というグループがあるんです。僕もその一員なんですが、そのメンバーがまた91人も居て、男女問わずサポーターが居るという人気者なんですね。
書き込みには必ず返信するというアイドルには必須のコマメさも持ち合わせています。

f:id:yagikatsuji:20160709211454j:plain

ジェームス宮治さんは、りぐっていません。正確には「りぐれません」(笑)。
お仕事の話で来られましたが、撮影には快く応じてくださいました。大野見の四万十川源流の里からわざわざ出てきてくださり、素晴らしい情報を提供してくださいました。

f:id:yagikatsuji:20160709211747j:plain

これはリグレッタ店内ではありませんね。
そしてりぐれたあとでもありませんね。
自撮りでもありませんね。
なぜたこちゃんの「りぐれたね?」写真がいつもあるのだろう?
僕が「たこちゃんを太らす会」の副会長だからかも知れない・・・

f:id:yagikatsuji:20160709212020j:plain

50日に1回をルーティンワークにしてくださっている、麺ブログの女王夏子さん、自称・麺バカブログを毎朝綴る彼女もアラフォーから一気にアラフィフになった(四捨五入ですとそうなるんですって)そうです。いつもご来店のあとにはランチが恒例となり、定期的に僕も登場させていただいています。早く立ち直ってくださいね。

f:id:yagikatsuji:20160709212506j:plain

実は2015年の最後の営業の日のラストに髪を切ってもらいました。
さようなら2015の直前です。千夏さんの去年の締めくくりのカットは実は僕だったのです。今年も「ラストにお願い」になるかも?タッチが優しいんです。

f:id:yagikatsuji:20160709212726j:plain

毎回母娘で登場してくださる山脇さんち。
段々と女の子度が増してくる娘ちゃんに、おじさんは会うのがとても楽しみです。高学年になったらますますオシャレに磨きがかかってキレイな女の子になっていくのだろうなぁ。いくつまでこんな写真を一緒に撮ってくれるんだろう?

f:id:yagikatsuji:20160709213048j:plain

上から撮ったら「細く見えるんですよ」と自撮り上からショットに挑戦してみたともみさんとの一枚です。上から撮っても上を向いたら一緒だよって?だめですねー(笑)。メガネに蛍光灯が映っている珍しい1枚となりました。また後半でも1枚お願いしますよ、ともみさん。

f:id:yagikatsuji:20160709213503j:plain

やぎろぐの小学時代の親友ゆうすけくんです。

親友らしくいろんなことにチャレンジしている彼ですが、高知に居を構え、本格的に再スタート前に寄ってくれたときの1枚です。やぎろぐが帰ってきた時は是非会ってあげてくださいな。また待ちゆうで。

f:id:yagikatsuji:20160709213753j:plain

これもリグレッタ内ではないですね?
ご覧になって分かりますように、さんさんテレビの1階ロビーです。

長男と同い年の和田アナと打ち合わせにやってきたのです。
「さんスタ」開始当時にブロぐるめのコーナーにゲスト出演するかもしれないという打ち合わせだったのですが、500円ランチの値段しか考えていないハンターだったことが判明し、夢の登板ならずでした。残念っ!!       春篇に続く・・・

文章・構成 八木勝二