高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

【Q&A】カラーのとき生え際に塗る保護オイルやクリームは何のため?

頭皮の保護のため

 

美容室でカラーをする際に、保護オイルやクリームを塗られた経験はありませんか?

何故オイルやクリームを塗るのか不思議に思った方もいると思いますが、ちゃんとした理由があるのです。

頭皮の保護オイル、クリームってどういう意味があるのでしょうか? 

1、施術中の頭皮の不快感、違和感の緩和

カラーをする際に、カラー剤が頭皮にしみたりなどの頭皮トラブルを起こしにくくしてくれます。

直接肌にカラー剤を塗りつけることはないのですが、薬剤を塗布した髪の束を重ねる時に頭皮の上に重ねることがあります。

その時に間接的にカラー剤が頭皮に付くことがありえます。
事前に保護オイルをスプレーし頭皮に皮膜を張り、カラー剤が頭皮に付いてトラブルが起こるのを予防します。

f:id:yagikatsuji:20170711095520j:plain

頭皮をカラー剤で染めないため 

2、カラー剤が顔周りに付着して皮膚が染まるのを防ぐ

白髪を染めるカラー剤やヘアマニキュアは、毛髪に色味がしっかり定着するので皮膚に着くと染まったり色がついてしまいます。

毛髪以外には塗布しないのですが、流れたり髪の毛を重ねた時に頭皮につく可能性は有ります。

ですから皮膚にカラー剤がつかないように、クリームを塗って予防します。

f:id:yagikatsuji:20170711095606j:plain

「オイルやクリームでカラーの入りが悪くなるのでは?」

と思う方もいると思いますが地肌に塗るので大丈夫です。

リグレッタでは、お客様の頭皮を保護し髪以外に付着しないカラー施術をしています。

f:id:yagikatsuji:20170711095818j:plain

カラー剤がしみたり皮膚を染められた経験のある方、リグレッタでカラーをしてみてはいかがですか?

文章・奥田瑠夏