読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

【Q&A】春~夏のスキンケアについて教えてください

季節に応じたお手入れを 

f:id:yagikatsuji:20170425140204j:plain

リグレッタのフェイシャル担当・高橋がお伝えします。

自分のお肌に合わせたスキンケアをするのは基本中の基本ですが、季節によって変化するお肌の状態にも注目しましょう。

季節ごとに湿度や温度は大きく異なりますし、紫外線の量も違ってくるため起こりやすいトラブルも変わってくるからです。

季節の変わり目に肌トラブルが起こりやすいのもこの為です。 

春に起こりがちなトラブルと対策

f:id:yagikatsuji:20170425140705p:plain

春はお肌にとって、冬とは違ったトラブルに悩まされ、とてもデリケートな状態になります。お肌が痒くなったり…ニキビができやすくなったり、そんな経験ありませんか?

Tゾーンなどの皮脂分泌が盛んな部分はしっかりと洗浄し、カサつく部分は潤いを与えるなどパーツケアと体調管理が【春の美肌】のカギとなります。

『春だからUVケアは大丈夫!』なんて思われていませんか?

4月・5月の紫外線量は真夏と同じ程強くなります。早め早めにUVクリームや、紫外線対策をしましょう。下図参照・紫外線量のピークは4月5月なんです。 

夏に起こりやすいトラブルと対策

f:id:yagikatsuji:20170425135027j:plain

やはり一番は紫外線対策です。

紫外線の量は4月5月が高いのですが、強さでは6月が一番7月が二番めなのです。

紫外線はシワやたるみ、皮膚がんの原因になります。

女性にとってはとても気になるUV対策、オイル配合のUVリキッドなどは、逆にオイル焼けを起こしたり、酸化によるお肌のくすみの原因になりますので注意しましょう。

f:id:yagikatsuji:20170425140521j:plain

写真引用:美LAB 

もう一つは夏のエアコンによるドライスキンです。

冬の暖房もそうなのですが、湿度を下げてしまうエアコンの風は、お肌の湿度を奪ってしまいます。

ですから保湿はまめに出来るミスト状の化粧水など用意し、顔や露出している肌に潤いを保ってあげましょう。

気温の上がる室外では、皮脂分泌が増えメイクも崩れやすく、余分な油が酸化しやすい状態になります。

洗顔は小まめに丁寧に行い、ビタミンC配合の化粧水などでしっかりケアしましょう。

同時にサプリメントで抗酸化作用を促すビタミンCを摂りましょう。

 

年間を通して大切な美肌ケアは『保湿・UVケアがキーワードです。

 文章・高橋侑帆