読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

【美容師の想い】ヘアスタイルはお客様との二人三脚で作ります

どんな感じにしたらいい? 

f:id:yagikatsuji:20170406103539j:plain

お客様とのカウンセリングのとき「どんな感じにしたらいいですか?」と聞かれることがよくあります。

なりたいイメージは特になく、伸ばしている訳でもない。でもヘアスタイルに変化が欲しい。

それをどうやってオーダーしたらいいかわからない・・・

そんな時に「どんな感じにしたら良いですか?」と言うのではないかと思います。

  

プロに任せること!!

これが一番だと思います。

多くの美容師はお客様のヘアスタイルを良くする為に日々技術を磨き、勉強している訳ですから悪くなるはずがないのです。

カウンセリングの時はお客様の髪の毛のコンディションだけでなく、今日のお客様の気分も感じています。

美容師はこんなことを考えながらカウンセリングしています。

「今日はあまり切りたくないのか、切りたいのか?」

「くせがある。切って処理しようか、くせを生かして切ろうか?」

「最近服装が少し変わったな?ちょっと雰囲気が変わったな?」

こういうふうなことを美容師はかなり見てます。

「したことないヘアスタイルで不安」

「パーマか・・・してみたいけど似合うかな?」

「前髪切るの怖いな・・・」

色々あると思いますが、大丈夫です。

悪くしてやろうと思っている美容師は一人もいませんので安心して信頼して下さい。

 

良いヘアスタイルはお客様と二人三脚

素敵なヘアスタイルは美容師だけでは作りあげる事は出来ません。

カウンセリングの時にする「ご自宅でのヘアケア」なんかは一方通行では無意味ですし、協力体制が必要不可だからです。

ヘアスタイルが気に入っていただけてもヘアケアをしないと台無しです。担当の美容師が毎朝スタイリングに行くわけにもいかないのです。

大切なのは美容室のシャンプー&トリートメントを使い、最後の仕上げに美容師が使っていたスタイリング剤を使う。でなければ同じように再現は難しいのです。

また、ヘアケア剤に関しては今インターネットで様々な情報があります。

「一番売れてます!」とか「いいね!が多い」とかレビューを見てインターネットで購入される方も多くいますが、誰よりもあなたの今の髪の状態を知っているのは担当の美容師なんです。

信頼して色々と聞いてみるといいと思います。

 

良いヘアスタイルはお客様と美容師との「信頼関係」から出来るのです。

 

文章・青木雄作