読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

黒染めやトーンダウンのカラーでも、美容室で染めるべきでしょうか?

黒染めな簡単そう・・・

黒染めなら簡単そう、そう思うのが普通かもしれません。
絵の具でも微妙な色を出すのは難しいのですが、黒だと塗りつぶせば済むという発想と似ているかもしれません。 

f:id:yagikatsuji:20160924111514j:plain

出典:topicks.jp

カラスの様な【真っ黒】でよければ、市販のカラー剤でも暗くする事は比較的簡単に出来るでしょう。

しかし、実際には黒く染めることも、トーンダウンも【デリケート】な技術が必要なのです。

そしてご自分で染めるリスクは計り知れません。

自分で染めて失敗して、リグレッタに駆け込んできた八木社長の息子さんの例もあります。

ligretta.hateblo.jp

はたしてあなたは、ダークな希望色に染める事ができますか?

 

ご自分のヘアコンディションをご存知ですか?

f:id:yagikatsuji:20160924174153j:plain

ダメージ度合で色に入り方や、色持ちが変わってきます。

ハイトーンカラーリングをして明るくなった髪は、根元よりも毛先に行くにしたがってダメージしている事が多く、毛先が染料を吸い込み易くなっていて、暗くなる事が多いのです。

そしてムラになりやすく、色持ちも良くなかったりするので、安易なセルフカラーはお勧めできません。

 

真っ黒いカラー染めたら、次にトーンアップするのが難しい! 

学校や職場のドレスコードの為に、5トーン以下のダークなカラーを安易にしてしまい、『もう少し明るくしたい』と駆け込んで来られるお客様がいます。

こうなると簡単にもとに戻すことが出来ません。

 

人工的なダークな染料は、ブリーチで染料を脱染しなければならず、多くの工程を踏むことになり、ダメージを重ねてしまいます。

 

 

やっぱり美容室で染めよう!  

このようなお客様の髪を、美容師は判断し薬剤選定をしたり、当然ダメージに応じて時間差で塗り分けしたり、前処理剤(ケラチン・コラーゲン)を塗布し、ダメージ度合を調整したり、カラーにムラが出ないように施術していきます。

そしてお客様が、この先どのようにしていきたいかによって、カラーチェンジしやすい状態を整えたり、ご提案できたりしますので、是非美容室でのカラーをして頂くことを切望する限りです。

 

f:id:yagikatsuji:20160924113838p:plain

リグレッタでは、髪の内部まで診断できる【赤外線スコープ】や髪の損傷部分にタンパク質をイオン導入できる【RePRO Cyber】を装備して、より上質なサロンカラーを目指しています。

f:id:yagikatsuji:20160924114210j:plain

9番は髪の毛のツヤや太さを見るもの。
10、11、12番は根元、中間、毛先の蛋白密度を見たもの。
です。
無料で診断させていただき、適切なアドバイスをさせていただいております。

文章・上総誉敬(かずさたかゆき)