読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

どのような時にレザーカットの技法を使うのでしょうか?

レザーカットの長所・短所を教えてください。  

あくまでも美容師がスタイル性や仕事効率で、道具をチョイスしていると思っていただけると幸いです。

お客様によっては『レザーは傷むし、バサバサなってしまうので嫌…!』と端から悪者のような思い込みをされますが、お客様のなりたいスタイルの為には不可欠な場合がある「道具」なのです。

f:id:yagikatsuji:20160719190700j:plain

 

レザーよ、おぬしなかなかやるなぁ…!! 

 

やらず嫌いで何となく・・・の方に知っていただきたいレザーカットの良さ、そして短所も含めてリスクをお話ししましょう。

f:id:yagikatsuji:20160719191205j:plain

レザーの長所

①ハサミ(シザー)では出ない毛先の軽さを出す事ができる。

②切ると同時に毛量を梳くことができる。(時間短縮)

③ブラント感が出ない(ハサミのパッツン感)が出ない。

④自然な質感になる。 

 

このように、良さを語ればたくさんあるのです。

例えば、髪の毛の量が多く軽さを望む方は、シザーカットの場合ブラント感を出さない為にハサミを縦に入れたり、梳きばさみ(セニング)で量を取ったり、質感を創る為に時間がかかってしまいます。

そんな時、同じ様な質感を創る為にレザーを使うと短時間に出来たりします。

そうはいっても…レザーカットはNG!!の場合があります。

f:id:yagikatsuji:20160719191026j:plain

 

レザーカットの弱点・・・ 

『何回かレザーカットしたけど、やはりパサパサになったり毛先が落ち着かないから嫌だ!』とレザーカットを敬遠している方の理由はこれだ!!

 

レザーの短所

①重めの質感になり辛い(軽くなりやすい)

②切れないレザーは髪の毛を傷める。

③ブラント感が出ない(ラインがぼける。)

④キューティクルを傷つけ、パサっとしてしまう。

 

レザーが嫌いになってしまう理由を作ってしまうのは【美容師の責任】です。

使い方を誤ってしてしまうと、そのお客様の「苦手意識」に刷り込んでしまうことになりかねないからです。

 

この様に髪を傷めてしまったり、最初から狙った質感にならないのなら、美容師はレザーを使いません。レザーの刃が劣化している場合は、切れ味が悪く、引っ掛かり切り口がスパッと切れていない場合があり、結果ダメージを作ってしまいます。

これはハサミ(シザー)の劣化も同様なので、レザーだけが悪者ではなく、美容師が道具の手入れを怠ったり、適材適所での使い方ができなかったのも、責任重大だと思います。

 

レザーを使う・使わないは美容師と相談…!  

美容師に事前に申し出ていただけるとレザーは使いませんが、先に述べたメンテナンスに気をつけ、オーダーや髪質によって、レザーを使っての施術をご提案させていただく場合もあります。

本人のなりたいスタイルに欠かせない道具(技法)であれば、是非一度は挑戦していただきたいと思います。

きっと苦手意識=トラウマが解消され、短時間でお気に入りのスタイルを堪能することが出来るでしょう。

f:id:yagikatsuji:20160706152508j:plain

文章・上総誉敬(かずさ たかゆき)