読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

保存版・美容師のヘアスタイル用語「段を入れる」「軽くする」「梳(す)く」「残す」等について解説

ヘアースタイルを作る時の美容用語を解説します

美容室に入って、ヘアスタイルを相談するときに、美容師が使うヘアスタイル用語をわかり易く説明いたします。

 

ニュアンスな美容師用語たち

美容師が口にする「段を入れる」「軽くする。」「すく」「切る」「残す」など、表現する言葉は様々です。少し専門用語の紹介をしてみましょう。

 

ここでは、一番よく使う「レイヤー」と「グラデーション」について説明します。

 

レイヤー・スタイルとは?

レイヤーとは、英語で「層」「階層」という意味の言葉です

 

ヘアデザインにおいては、髪の長さを部分的にカットして「段差をつける」ことを表します。レイヤーの特徴は真横に髪を引き出した後、毛束の上部を短く、下部を長くカットすることです。

 

髪を真下に下ろしてみると、段差の幅が広くなります。毛束に段差が付くことによって髪の厚みが減り、毛先も「軽く」なるのです。レイヤーの中には、段差のつけ方によっていくつかの種類があります。

 

男女問わず、使う技術ですが、レイヤーを入れ過ぎでしまうと、毛先がパサつく、跳ねやすいなどのデメリットもあります。

求める動きとヘアースタイルのバランスをしっかり担当美容師と相談してレイヤーを入れてもらいましょう。

f:id:yagikatsuji:20160503182544j:plain

f:id:yagikatsuji:20160504112159j:plain

上記はレイヤースタイルの例です。髪の毛に動きがあり、とても柔らかく女性的なイメージが出ていると思います。(ともに青木作品です)

 

グラデーション・スタイルとは? 

次にグラデーションなんですが、カットの技術方法をここでは指します。

「グラデーションを入れる」という言い方を美容師がすることもありますが、それは技法のことであり、スタイルそのものを指すものではないとご理解ください。

 

グラデーション・カットにはレイヤーはあまり入りません。毛先の髪の重なりを少しずらすくらいです。

 

ボブ・・・この名前は良く耳にすると思いますが、グラデ―ション・カットを全体に施した、ヘアー・スタイルの名前です。前下がり、水平、前上がり、など種類は沢山あります。

 

まとめてグラデーション・ボブという言い方になっていることがあります。

 

グラデーション・ボブとは、裾の部分に幅の狭い範囲で、外側の髪が短くなるようレイヤーをつけたボブ・スタイルのことで、通称グラ・ボブとも言われます。

 

グラデーション・カットはあまり「梳(す)かない」髪型なので、表面の髪の毛を「残す」カット方法で、とくに毛先の少し上の部分にかなりのボリュームが出ます。

段差が少ないため全体的に安定感があり、動きは出にくい髪型です。切り方についてですが、グラデーションボブは、頭全体を水平に輪切りにスライスしたラインで髪を引き出し、切っていきます。

グラデーションボブの例です。

f:id:yagikatsuji:20160505130546j:plain

  f:id:yagikatsuji:20160505130609j:plain

f:id:yagikatsuji:20160505163952j:plain

丸いシルエットで頭の形が綺麗に見え、髪の毛もおさまってます。

日本人の頭の骨格にも合い、愛され続けているスタイルです。

 

今回はこの二つのスタイルを例に取り、美容師が使う用語の紹介をしましたが、まだまだヘアー・デザインの世界は様々です。

 

リグレッタで素敵なヘア・デザインをお楽しみ下さい。

 

文章担当・店長 青木雄作