読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知市の美容室リグレッタのブログ

美容室リグレッタのお客様の日々を綴ります。併せて髪の毛やヘアスタイルのQ&Aも満載です。

美容師の使うことば

【美容師の想い】ヘアスタイルはお客様との二人三脚で作ります

どんな感じにしたらいい? お客様とのカウンセリングのとき「どんな感じにしたらいいですか?」と聞かれることがよくあります。 なりたいイメージは特になく、伸ばしている訳でもない。でもヘアスタイルに変化が欲しい。 それをどうやってオーダーしたらいい…

髪の質感っていうけど、どういう事?に青木が答えます。

美容師さんがよく使う質感とは? カウンセリングやヘアスタイルの説明の時に、一度は「質感」という言葉を聞くと思います。この「質感」とは?

【美容師が使う言葉】ニュアンスって、どういう意味?

ヘアスタイルによるニュアンスについて ファッション誌やヘアスタイルでよく使われる『ニュアンス◯◯』 このニュアンスという言葉とても分かりにくい表現です。 <ニュアンスの意味>を調べますと、 (表現・感情・色彩などの)微妙な意味合いや色合い。また…

大公開!リグレッタ店長・青木が使う4つのハサミ!!

美容室のリズムを刻むシザーの音 リズムよく小刻みに挟みの音を聞きながら髪の毛をカットされている時間、美容師は 腰にあるシザーポーチからハサミを出しカットをしています。

濡らした状態でカットするのと、乾いてる状態でカットする違いはありますか?

美容室でカットをする時に、濡らして切る時と、乾いたまま切る時がありますが、それはどうしてですか? ・・・というご質問に対して、リグレッタの副店長・西村千夏がお答えします。

質感ワードで見分ける美容師の本音?お教えします

美容師の使う質感ワードあれこれ 美容師さんの使う質感ワードについて教えて下さい。 女性らしいライン、おとなしめ、活発な、ウエットな、ドライな、などの漠然とした表現のイメージを分かりやすく説明して下さい。 というご質問をいただきました。例を上げ…

保存版・美容師のヘアスタイル用語「段を入れる」「軽くする」「梳(す)く」「残す」等について解説

ヘアースタイルを作る時の美容用語を解説します 美容室に入って、ヘアスタイルを相談するときに、美容師が使うヘアスタイル用語をわかり易く説明いたします。 ニュアンスな美容師用語たち 美容師が口にする「段を入れる」「軽くする。」「すく」「切る」「残…